あなたも錬金術師になれる!? 錬金術を使いたい人へ

f:id:terugraffitti106:20170325194027j:plain

鋼の錬金術師」実写映画化されることで話題になりましたね。

ですが、そもそも錬金術とは何なのでしょうか。

 

まずはwikipediaさんを見てみましょう。

錬金術(れんきんじゅつ、亜: خيمياء 羅: alchemia, alchimia 英: alchemy)とは、最も狭義には、化学的手段を用いて卑金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みのこと。広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、それらをより完全な存在に錬成する試みを指す。*1

んん? つまりどういうこっちゃ。 

後半はもろ「ハガレン」っぽいですね。

 

という訳で、錬金術について見ていきましょう。

はたして私は錬金術師になれるのか!?

 

 

錬金術って分かりやすくいうと何なのさ?

 

分かりやすくいうと、主に「錬金術とは人の力によって貴金属をつくること」です。

 貴金属とは——金とかプラチナとか、酸化しにくい金属のことですね。

 

昔(まだ科学があまり発達していない頃)の人々は錬金術を使って、道端の石とか変な金属を金(ゴールド)に変換しようとしていました。

 

現代を生きる我々にとっては「え? 昔の人何してんの? そんなの成功する訳ないじゃん!」と思ってしまいますが、まだ科学が発達していない頃はゴールドをつくることもできると信じられていたようですね。

 

また、ゴールド以外にもいろんなものをつくろうとしていました。

銀とか銅とかですね。

実際、銀や銅をつくることには成功しちゃったんです。

 

例えば「アマルガム法」

これは銀などを含んだ石から水銀を使って取り出す精錬方法のことです。

まぁ石から銀を取り出すだけなので、錬金術と言えるかは微妙ですけどね。

でも主に「錬金術とは人の力によって貴金属をつくること」なのでセーフかな!

 

ちなみに「王水」という溶液を使えば金をも解かせるということを昔の人は発見しました。そこまで来たからこそ「金もつくれるんじゃない?」となったのかもしれませんね。

 

錬金術のもう一つの目的

 上記でwikiさんが言っていた「様々な物質をより完全な存在に錬成する試み」とは何でしょうか。

 

実は、大枠の意味での錬金術は「ある存在を完全にすること」なんです。

例えば金属の完全なものはゴールド、人間の完全なものは人造人間。

ここで「賢者の石」と「ホムンクルス」が登場します。

 

wikiさんによると。

賢者の石(けんじゃのいし、英: philosophers’ stone、ラテン語: lapis philosophorum、lapis philosophicus)とは、中世ヨーロッパの錬金術師が、鉛などの卑金属を金に変える際の触媒となると考えた霊薬である。人間に不老不死の永遠の生命を与えるエリクサーであるとの解釈もあるが、賢者の石が文献上に記述されるのはエリクサーよりかなり後である。*2

 

ホムンクルスラテン語:Homunculus:小人の意)とは、ヨーロッパの錬金術師が作り出す人造人間、及び作り出す技術のことである。*3

 

つまり、賢者の石は卑金属を金にするための道具。

ホムンクルスは人造人間そのものということです。

錬金術のもう一つの目的とは、「人工的に人間をつくりだすこと」だったんですね。

結局ホムンクルスはつくることができませんでしたが、賢者の石の方は色々と諸説あるようです。

 

錬金術が現代科学のもとになった

 昔の人が錬金術の研究に没頭したことで、思わぬ副産物が誕生しました。

 

まずは王酸、硫酸、硝酸、塩酸などの溶液です。

とくに王酸は金を溶かすのに必要だったので、大発見の代物でした。

 

次に火薬の発明ですね。

火薬は中国で誕生したのですが、中国の錬金術がもとになったとされています。

こうしてみると奥深いですね。

 

それから蒸留技術が発達しました。

 

錬金術なしに現代科学はなりたたなかったと言っても過言ではないでしょう。

 

錬金術はもう分かったから! 結局、私は錬金術師になれるの!?

f:id:terugraffitti106:20170325194000j:plain

結論から言うと、微妙です。

 

まず何を持って錬金術師とするかですよね。

 

現代科学を使えば「貴金属をつくる」ことはできます。道端の石や変な金属をゴールドに変えることはできませんがね。

また、現代科学を使えば「人工的に人間をつくりだす」こともできます。ゼロからはできませんがね。

 

これほど科学の発達した現代では、中世とまったく同じように研究や実験をするのは賢明ではありません。現代では現代のやり方があります。

 

もし現代の錬金術師になりたいのであれば、高校や大学で化学を学んで研究者になることをおすすめします。

過去の錬金術が、ある存在を完全にすることを目指したように、現代の錬金術師(科学者)は高い目標を持っていかなければなりません。

 

錬金術が無くてもみんながいるさ 

 

そう「ハガレン」のエドワード・エルリックは言っています。

錬金術師になりたい人は、まず友達と一緒に化学から学んでみましょう。

*1:出典:wikipedia

*2:出典:wikipedia

*3:出典:wikipedia

広告を非表示にする