初めての一人暮らし、ホームシック予防と8の解消方法

f:id:terugraffitti106:20170401113033j:plain

4月ですね。大学入学や社会人生活のスタートに備えて、一人暮らしを始めた方はたくさんいらっしゃると思います。でも、いざ一人暮らしを始めてみるとホームシックで寂しくてたまらないってこともあると思います。

実際私がそうでした。

 

実家に居た頃は「さぁ! いよいよ一人暮らしだ!」とワクワクしていたのですが、いざ引っ越すと寂しくてたまらない。昼間は引っ越しの片付けをして気を紛らわせることができるけど、夜は「シーン……」と音がない。一人だ。

 

最初は本当に寂しかったです。

けれども、知らず知らずのうちに治っていました。

そこで私が一人暮らしを始めたときに「これならイケる!」と思った解消方法を書いてみます。

 

 

 1:友人と電話する!

あれは引っ越した初日の話でした。その日は荷物の搬入をして(業者に頼むとお金がかかるので自分で運んだ)ヘトヘトになっていました。なので布団を敷いて横になったんですね。すると冷蔵庫の無機質な音、どこからか車の走る音、自分以外に誰も人がいない静けさ。あらゆることが混じって、とても寂しくなったんです。それはもう眠気が吹っ飛ぶぐらいに。

 

そこで私は友人にLINEで「今から電話してもええ?」と文を送り「もちろん」と返信がきたので電話しました。(通話料金がかかるので、電話をするならSNSを使うのがおすすめ)

 

それで三時間ほど通話をしているうちに眠くなってきて、初日を乗り越えることができたんです。

二日目、三日目と寂しいときがあったんですけど、そういうときは友人と電話をすると気を紛らわせることができました。

実際に友人と会うことがより良い方法かもしれませんが、見知らぬ土地で一人暮らしを始める場合は難しいですよね。電話で話をするぐらいで大分リフレッシュできると思います。

 

また、友人以外にも親や恋人と話すのも良いです。でも、結局一番長く話に付き合ってくれるのは、大体気の合う友人かな。

 

2:サボテンを飼う!

f:id:terugraffitti106:20170401115503j:plain

サボテンは花を咲かせるらしいです。初知りでしたw。

私は田舎に住んでるんですけど、引っ越して三日目ぐらいに近所の店でサボテンを見つけたんです。そこでサボテンを購入して「サボ」(安直だけどサボテンだからサボ)と名付けて部屋に置きました。

サボちゃんの癒し効果のお陰か、それ以降はあまり寂しくなくなりましたね。ただ一人暮らしになれただけかもしれませんが。

 

サボテンは水をたまにあげるだけで良いし、手間がそこまでかからないので一人暮らしの癒しには最適です。普通の花でも良いけど、割とすぐに枯れちゃいますからね。

 

サボテン以外にも、何か生き物を飼うと良いと思います。例えばアクアリウムでお魚を飼ってみたり、夏に蝉を飼ってみたりw

手間があまりかからないのに、それなりの癒し効果があるという点でホームシック解消にサボテンを推します!

 

3:音楽を流す!

夜は電話をして気を紛らわせていましたが、昼は音楽を流して気分転換していました。ちっちゃなスピーカーに携帯を繋ぐと音楽が流れるやつです。ポルノグラフィティが大好きなので、主にその曲をかけてましたねぇ。

 

昼間は引っ越しの片付けをしていたのですが、音楽を聞いていると作業効率も格段に上がりました。ノリノリでダンボールを畳んだり家具を配置したり。

その代わり、新しい家電の説明書などを読むときは集中できませんでした。ノリノリで説明書を読むのも楽しいですけどねw

 

ただ、スピーカーを使う場合はお隣さんに迷惑をかけないぐらいの音量で楽しみましょう。

 

4:新しく友人をつくる!

大学のために一人暮らしを始めた方、自然とホームシックは治ります。大学が忙しすぎて、楽しすぎて、悩む暇もありません。特に4月は忙しいのでホームシックになってもすぐ治ります。

 

しかし、4月の忙しさをすぎた頃に再びホームシックになることも珍しくありません。ほっと一段落ついたところで冷静になってみると、一人を凄く実感したという場合です。

 

このようなときでも友人がいれば何とかなります。最初、新天地で友人がいなくて辛くとも、気の合う友人を見つければ支えになってくれます。

terugraffitti106.hatenablog.com

社会人の方にとっても、それは同じです。

仕事にも慣れて、一人じゃないと思ったとき、ホームシックなんざ存在すら忘れているはずです。

 

5:全ては時間に任せる!

万能なタイムさん。失恋したときも「全ては時間が解決してくれる」なんて話をよく耳にします。たしかに時間に任せておけば何事も解消していくんじゃないでしょうか。

 

私たちが子どもだとして、時間はおもちゃ箱。時間という入れ物の中に、思い出というおもちゃが増えていく。おもちゃの中には好きな物もあれば嫌いな物もある。でも、嫌いなおもちゃを捨てることはできない。

できないけど、遊ぶことはできる。

良い思い出も悪い思い出も、たくさん詰まってこその人生。どんどん経験を重ねて成長していく。

 

全ては時間が解決してくれるとは言っても、その時間の中で私たちが成長して初めて「ああ、ホームシック。そいや俺も一人暮らししたときはそうだったな。懐かしい」と思えるようになるのかもしれませんね。

 

6:目的を再確認する!

わざわざ実家を飛び出してきたのは何のためか。当然、目的は人によって様々です。

大学でやりたいことがあったから。

仕事をして収入を得る必要があるから。

その土地が気に入ったから。理由はともあれ、そこで生きていくと決めた以上は目的を忘れてはいけません。目的がない場合は作りましょう。

 

目的を確認するうちに気が紛れます。ホームシックの根本的解決にはなりえないかもしれませんが、その土地に適応するための大きな力となってくれます。

私も目的を再確認しているうちにやる気が出てきて色々と活動できました。

 

7:しっかりと感情を表に出す!

喜怒哀楽。感情を出すって本当に大切です。

楽しいときは笑って、悲しいときは思いっきり泣く。涙を流すとすっきりします。過去の思い出を乗り越えて、今を生きようと思うことが、ホムシックに対する一番の特効薬です。

 

また何かの名言を聞いて感銘を受けるのも良いです。

先生や親からの応援の言葉。

好きなアニメやドラマの名言。

歴史上の偉人が残したセリフや尊敬する人の言ったこと。何でも良いから心を躍らせてあげると気持ちが楽になります。

 

私はホームシックで泣きたくなったとまではいきませんでしたが、中にはツラくて泣きたい気持ちな人もいるはずです。

そういうときは心から泣いて、前向きにいきましょう。

 

8:バランスの良い生活!

生活サイクルが乱れると心も乱れます。ご飯を食べないと肌が乱れ、筋肉が落ち、活力は消失していきます。しっかり寝ないともっと悪くなります。

 

私は節約のために、まず食を切り詰めました。

朝は豆だけだったり、昼は抜いたり、夜はスーパーで安くなったやつを購入したり。

そして、それが間違いだったとは思っていません。けれども、美味しいものを食べれば気分が晴れるのも事実です。

最低限の食事は摂って、早寝早起きをする。これだけでも不安定な心は少し安定しました。

f:id:terugraffitti106:20170401194441p:plain

 

ホームシックを予防するには

未然にホームシックを防ぐためには一体何をすればいいのか。

その答えは「何か面白いことを見つける」ことだと、私は考えます。

 

「面白い」というのには様々なものが当てはまり、例えばテレビを見る。これまで通り好きなバラエティを見ても良いし、新しいドラマを見るのも良い。自分が感じる「面白い」を広げていけばホームシックになる暇すらありません。面白いものでいっぱいにして、最終的に実家が恋しいと思わなくなれば良いんです。

 

私に合った場所はここなんだと実感できれば大丈夫。

少なくとも、私はそう考えています。

人体自然発火現象の不思議——突然体が燃える謎とは!?

f:id:terugraffitti106:20170326202508j:plain

この世には数多くの科学では語りえないミステリーが存在しますが、人体自然発火現象もその一つです。人体自然発火現象——何の火種もないのに突然体が燃える現象の正体とは一体何なのでしょうか。

 

人体自然発火現象は、警察が焼死体を見ても納得できない原因で発火していることからその名がつきました。普通、人を燃やすためには何らかの火種が必要となります。ガソリンに引火したり、煙草のポイ捨てだったりです。

けれども、人体自然発火現象の焼死体にはその火種が見つかりませんでした。

 

 

ジョン・アービングベントレーの謎

1996年12月5日。

元医師のジョン・アービングベントレーはあるビルにいた。一人のガス会社の検針係員はそのビルのガスメーターを確認するため、ビルの地下へと向かう。

彼はビルに入ると強烈な異臭を嗅いだ。臭いのもとを辿っていくと、ある部屋に着いた。そこはベントレーのいる部屋である。不思議に思った彼はドアをノックした。けれども返事はない。彼は意を決してドアを開けた。そこにはベントレーの姿はなかった。部屋を進んでいくとシャワールームから強烈な異臭が漂っていることが分かった。彼はシャワールームへと向かう。

そこで彼は世にも恐ろしい物を見た。

——ベントレーの焼死体である。焼死体と言っても、ただ炎に燃えた後の体ではない。そこにあったのは、焼け焦げたベントレーの片足と歩行補助器、バスローブだった。

 

彼は急いで警察に通報した。警察は少ししてやってきた。しばらくして警察はこう考えた。

ベントレーはどうやらパイプを吸う習慣があったようだ。きっとその灰が火種となって燃えてしまったのだろう」

しかし、その考えはあまりにも浅はかだった。

 

この事件には数々の不可解な点がありました。

例えば、片足以外の体が全て燃え切ってしまったこと。燃え切ったということには骨も含まれます。普通、焼却炉などで遺体を火葬しても骨は残りますよね。つまり、骨が燃え切るためにはそれよりも高い温度、数千度の熱量が必要となります。

けれども、ベントレーの遺体現場には床には穴が空いていたものの、歩行補助器の先端のゴムキャップなどは燃えていませんでした。ということは、ベントレーの体と密着していたものだけが燃えてしまった=人体が発火したということになります。

 

この事件以外にも人体自然発火現象が起きたのは数多くあります。その数なんと数百以上。では何故こんな現象が起きてしまうのでしょうか。

 

1.蝋燭化現象説

f:id:terugraffitti106:20170326212918j:plain

人間の脂肪成分が服などに包まれている状態で、何らかの火種が服に引火すると服の中の脂肪成分が溶け出し、火のついた服にゆっくりと染み込んで燃えていくという説でございます。これは蝋燭が燃える仕組みと同じです。

人間の脂肪成分を燃料にしているため、燃料である人間の体がなくなると、火は自然に鎮火します。ですから、周りに火が燃え移っていない遺体現場ができるという考えに繋げることが可能になりますよね。

 

この説は普段は起こりえないが、何らかの条件が満たされれば起きる可能性はあるよって説です。

しかし、この説には不可解な点がいっぱいあります。

だって燃えているのに気付かないなんてことありえますか?

ありえないなんてことはありえないって誰か言ってましたけど、服が燃えるなんて相当熱いでしょうよ。すぐ気付くわ。寝てても、お酒に酔ってても速攻で気付くわ。

 

それに、気付いたらまず火を消そうとしますよね。仮に火が消えなかったとしたら、暴れまくると思うんですよ。その際に絶対、何かに引火しますよね。ダンボールとかあったらすぐに引火しちゃいますよ。人体だけが燃えるって点に関して、この説は信憑性に欠けます。

まぁ、心筋梗塞や心臓麻痺で動けなくなったときに、蝋燭化現象が起きてしまったのなら話は別ですけどね。

 

2:プラズマ発火説

f:id:terugraffitti106:20170326215401j:plain

プラズマが多く発生するイギリスで人体自然発火現象が多いため、もしかしてプラズマが原因なんじゃね? って説でございます。

プラズマは青白く発光します。そして人体自然発火現象を見た人の中には、青白い光や炎を目撃したという声もあるのです。

それにジョン・アービングベントレーの事件。何故か片足だけが残されていましたよね。もしかすると、プラズマは地面の上の方をいくから、地面に近い足だけが、片方残ったのかもしれません。

もっとも、彼の事件の場合、起きてしまったのはビルの地下周辺。

身近なプラズマといえば雷ですが、雷がそこまで到達するかと聞かれたら甚だ疑問ですよね。

それに、人体に大きな電圧がかかって高温になったとしても、周辺が燃えない理由は説明できません。この説も信憑性に欠けます。

 

また、プラズマ関係の説ですと「球電で燃えた」というのもあります。何らかによってプラズマの塊が自然にでき、それが人体に宿って人体自然発火現象が引き起こされたという説です。こちらも科学的な根拠はまだありません。

 

3:空前絶後パイロキネシス

f:id:terugraffitti106:20170326202447j:plain

私が適当に考えた説でございます。この世には発火系の能力者がいて、裏世界のボスから依頼を受け、その能力で人体自然発火現象を引き起こしたという説でございます。

 

以下、創作

イギリスにロバート・サラディーン(仮名)という女性がいた。サラディーンは生まれながらに火属性の力を使える能力を持っている。彼女の得意とする技は、触れた人間を瞬時に骨まで燃やし尽くすというもの。しかし、その力の恐ろしさ故に彼女は忌み嫌われていた。

 

六歳のサラディーンは生まれながらに異能を持っていたが、上手く力をコントロールすることはできなかった。彼女の手に触れた者は燃えてしまう。そんな噂が親の間で流れ、彼女の家族は各地を転々とするはめになった。サラディーンはまだ幼い子ども。遊びたい盛りの彼女は各地で多くの人々と触れ合った。中にはサラディーンの噂を知らずに、手に触れて亡くなってしまう人もいた。けれども、彼女がそのことに気付くことはなかった。人体自然発火は、彼女が触れてしばらく経ってから起こるせいである。

 

ある日、サラディーンの両親は彼女を里親に出した。とても自分たちの手には負えないと思ったからだ。サラディーンは、私は見捨てられたのだと思った。

「どうして? ねぇ、どうしてパパやママは私を置き去りにしたの?」

そう里親になった人に聞いても、満足のいく答えは返ってこなかった。いつしかサラディーンの手には厚手のグローブが、包帯と一緒に巻かれていた。

「いいかい、サラディーン。この力は決して人にバレてはいけない。もしバレてしまえば君は機関に研究材料として連れて行かれてしまうんだよ」

「力? 機関? おじさん、どういうこと?」彼女は里親に尋ねる。そこで彼女は自分の力について、初めて知ったのだった。

 

ショックを受けたサラディーンは家を飛び出した。

「どうして……ねぇ、どうしてなの神様。私、普通が良かったのよ。普通の子に生まれたかったのにっ!」

そうサラディーンは泣きながら呟いた。

「普通が良いってどういう意味だい?」

ふいに背後から声が聞こえた。それに反応して振り向くと、そこには黒尽くめの男がいた。彼こそ、後にサラディーンに数々の依頼を出す、裏世界のボスである。

 

はい。

 

以上が説でございます。今ではサラディーンが老衰で亡くなってしまったので、最近では人体自然発火現象があまり起きていないことの理由になります。しかし、この世にはまだまだ第二、第三の能力者が存在するかもしれません。

 

えー。

 

まとめ!

 

人体自然発火現象は、現代科学でも解明しきれていない点が多い! でした。

春から一人暮らし! でも防犯対策は? 泥棒に入られない家づくり

f:id:terugraffitti106:20170326105418j:plain

もうすぐ四月。中には一人暮らしを始める人や、もう一人で新居に住んでるよーという方もいらっしゃるかもしれません。

 

新しい生活に、期待に胸を躍らせるのも良いですが、防犯対策はできていますか?

明るい日々を送るために、泥棒に入られない家づくりを知っておきましょう。

 

 

賃貸のお家は泥棒に侵入されやすい!?

一人暮らしの方は賃貸住宅に住まれる場合が多いと思います。

アパートや集合住宅などは家賃もリーズナブルで住みやすいですが、防犯対策はちゃんとしておかないといけません。

というのも、泥棒が目をつけるポイントがたくさん含まれているからです。

f:id:terugraffitti106:20170326110826j:plain

まず一つ目に、昼間家を空けていることが多いので泥棒が侵入しやすい。

 

昼間、学生は学校で勉強、社会人は働きに出ていますよね。

そのため一人暮らしの方だと、どうしても家を空けがちになってしまうのです。

泥棒はそこに目をつけます。言わば「空き巣」です。

 

泥棒の多くは空き巣(人が誰もいない間に侵入する)で警察に逮捕されています。

防犯対策でもっとも重要なポイントは「家を空けない」ことなんです。

 

ちょっと待った!

 

一人暮らしなのに家を空けないなんて、できる訳ないだろ!

はい。仰る通りです。

昼間はどうしても外出しなければならないのに、家を空けないなんて不可能ですよね。

 

じゃあ別の方法で泥棒に侵入されない家づくりを考えてみましょう。

 

必見! これなら泥棒に入られない!

泥棒だって人の子です。犯罪を犯すのだから、内心は不安と焦りでいっぱいなはず。

泥棒の視点に立って考えてみると、比較的侵入しやすい家が良いなと思ってしまいますよね。だから空き巣の犯罪率が多いんです。

 

泥棒に侵入されたくないのなら、泥棒が嫌う家にすれば良い。

 

具体的には管理のちゃんとしているお家を泥棒は嫌います。

 

1:郵便受けにものを溜めない

f:id:terugraffitti106:20170326113002j:plain

面倒くさがりな人だと、よく郵便受けに新聞やチラシを溜めてしまいますよね。実は、これはかなり危険な行為なんです。

郵便受けにものがいっぱい=誰もいない。泥棒はそう思います。

居住者は旅行をしているのだろう。

何かの理由で留守にしているのだろう。

泥棒にそう思わせてしまうことが、侵入されやすくなることに繋がります。

郵便受けは常にカラにしておきましょう。

 

2:カーテンはちゃんと開ける

f:id:terugraffitti106:20170326114420j:plain

カーテンを常に閉め切るというのは、一番やってしまいがちな危険行為です。

外から見るといつも閉まっているので、日中誰もいないことが泥棒にバレてしまいます。

泥棒の中には突発的に犯行に及んでしまう人もいますが、多くは計画的に行動し、下見に来ます。けれども、泥棒は常に我々を監視している訳ではありません。泥棒は昼間に忍び込むことが多いので、計画をより完全なものにするため、昼間に我々のお家を確認しにきます。

せめて、朝出かけるときはカーテンを開けておいて、あのお家には他にも誰かいるのかもしれないと思わせましょう。

 

また、本や物が日焼けするのが嫌な人は、窓に日焼け防止フィルムを貼っておくと安心です。ついでに防犯フィルムも貼っておくと、防犯意識の高い家だと思わせることができます。

 

3:インターホンは繋がるようにする

f:id:terugraffitti106:20170326130332j:plain

 もしインターホンが壊れているなら直してください。泥棒はインターホンを使って居住者が在宅しているか確認します。例えば朝、昼、晩それぞれで鳴らして居住者のいない時間帯を探ったりもします。

当然、我々が昼間出かけているときはインターホンが鳴っても出ることは出来ません。

 

そこでインターホンを録画機能付きのものに変えてください。鳴らした人の写真を撮影するものでも大丈夫です。それを後日確認して、何度も同じ人が映っている場合は注意を払った方が良いでしょう。

最新式のインターホンは上記の機能が備わっているものが多いようです。賃貸に住まれている方は許可をとって最新式のものに変更してみてください。

 

それから家にいるときにインターホンが鳴ったら、面倒くさがらずにちゃんと出ましょう。居留守を使っちゃダメですよ。

 

4:隠れられる場所を減らす

f:id:terugraffitti106:20170326132751j:plain

よくベランダやバルコニーでガーデニングをしているお家を見かけませんか?

それから女性の一人暮らしの方で、プライベートを見られないようにベランダやバルコニーを物でいっぱいにしてる人。前者も後者も、注意が必要です。

泥棒はどこからでもやってきます。玄関からも侵入するし、ベランダやバルコニーだってそうです。特に外から中が見えにくいお家だと泥棒は喜びます。泥棒は犯罪がバレることを最も恐れているので、少しでも人目につかないお家を好みますからね。

ですから、泥棒の姿が隠れる物は置かないようにしましょう。

ベランダやバルコニーですと、背の高い植物は置かない。大きな物は置かない。あまり洗濯物を干しすぎない。というのも対策になるでしょう。

 

階層が上の方だからって油断はできません。何なら屋上からでも侵入できちゃいますから。アパートの二階に住まれる方などは特に注意した方が良いかもしれません。

 

5:鍵はしっかり管理する

f:id:terugraffitti106:20170326145859j:plain

鍵をなくしたときのために、合鍵をポストの中や植木鉢の下、小窓の隅などに隠す人がいます。これらは危険なので止めましょう。泥棒は念入りに下調べする者が多いため、合鍵がバレたら速攻で侵入されちゃいます。

また、当たり前ですが出かけるときは鍵をきちんとかけて、閉め忘れがないかをチェックしておくと安心できます。

 

まとめ!

 

泥棒に「侵入しにくい!」と思わせることが出来れば、まず入られることはありません。しっかりと防犯対策をおこなって、春からの新生活をより良いものにしましょう!